2017年12月15日金曜日

山佐Digiワールド4 DX


人気のパチスロ機を自宅でプレイできる「Digiワールド」シリーズの第4弾。「ペンギンパラダイス」を筆頭に、「クレイジーシャーマンR」「ザクザクセンリョウバコR」「デストロイヤーXX」「キングパルサー」の山佐人気機種を5種搭載している。 ???グラフィックは文句なしに美しい。メタリック部分のきらめき、ドットマトリクスの動作など、細部にわたって本物に限りなく近い。また、普段出掛けるホールの雰囲気に合わせて画面の明るさを変えることができ、臨場感をそのまま自宅に持ち込める。「Digiワールド」シリーズの人気ポイントの1つ「チャレンジモード」では、遊びながら各機種を知り尽くせるコンテンツが豊富に用意されている。初心者から上級者、マニアまで幅広いプレイヤー層に対応したバリエーションがあり、ただ打つだけではなく、ゲームとしての達成目標を持って遊ぶことができる。 ?「4」には「フォトギャラリーモード」を搭載。ゲーム内に隠れているフォトを探して集めると、美しい画像を鑑賞できるだけでなく、強力なアイテムが手に入る。フォトのオールコンプリートを目指すという楽しみも増えた。このデラックス版には、ほかでは手に入らない搭載機種オリジナルサウンドトラック「山佐Soundコレクション」(全31曲収録)と、これまでにリリースしたすべてのタイトルが収納可能な超豪華収納ボックスが同梱され、スロッターの心をくすぐる仕様になっている。

2017年12月3日日曜日

パチスロ ゴッドイーター 荒神


シリーズ累計出荷本数245万本を誇る超人気ゲーム「ゴッドイーター」のパチスロ機。

純増約2.4枚のAT「アラガミバースト」は、12ゲームの「ストーリーパート」と討伐対象を決定する「バトルミッション抽選」、そして40or100ゲーム+αの「バトルパート」が一体となって構成される(ゲーム数減算はバトルパート突入後から開始)。
AT中はリプレイやレア小役で3箇所の「結合崩壊」を発生させゲーム数上乗せをかけた「活性化バトル」に挑むという流れになっており、バトル勝利後は「『神を喰らえ!』上乗せ」で20~510ゲーム+ストーリーパートを上乗せ。

アラガミの種類によってチャンス小役や勝利期待度、勝利時の上乗せゲーム数などが大きく変化するぞ。AT突入には主に前兆ステージ「作戦区域」や、AT期待度約50%のチャンスゾーン「殲滅モード」(10ゲーム+α)を経由する。前兆演出は押し順ナビの発生頻度が高いほど期待度がアップする「感応現象」が特徴で、殲滅モードは規定ゲーム数消化によるモード終了まで「アラガミバトル」の高確状態が継続&バトルに勝利すればAT突入となる仕組み。

2017年11月22日水曜日

山佐Digiワールド4 DX


人気のパチスロ機を自宅でプレイできる「Digiワールド」シリーズの第4弾。「ペンギンパラダイス」を筆頭に、「クレイジーシャーマンR」「ザクザクセンリョウバコR」「デストロイヤーXX」「キングパルサー」の山佐人気機種を5種搭載している。 ???グラフィックは文句なしに美しい。メタリック部分のきらめき、ドットマトリクスの動作など、細部にわたって本物に限りなく近い。また、普段出掛けるホールの雰囲気に合わせて画面の明るさを変えることができ、臨場感をそのまま自宅に持ち込める。「Digiワールド」シリーズの人気ポイントの1つ「チャレンジモード」では、遊びながら各機種を知り尽くせるコンテンツが豊富に用意されている。初心者から上級者、マニアまで幅広いプレイヤー層に対応したバリエーションがあり、ただ打つだけではなく、ゲームとしての達成目標を持って遊ぶことができる。 「4」には「フォトギャラリーモード」を搭載。ゲーム内に隠れているフォトを探して集めると、美しい画像を鑑賞できるだけでなく、強力なアイテムが手に入る。フォトのオールコンプリートを目指すという楽しみも増えた。このデラックス版には、ほかでは手に入らない搭載機種オリジナルサウンドトラック「山佐Soundコレクション」(全31曲収録)と、これまでにリリースしたすべてのタイトルが収納可能な超豪華収納ボックスが同梱され、スロッターの心をくすぐる仕様になっている。

2017年11月16日木曜日

パチスロ機甲戦記ドラグナー


大人気リアルロボットアニメ「機甲戦記ドラグナー」が、1ゲームあたり純増約2.9枚の高純増AT機で登場した。本機はリールが消える新筐体「INFINITY VISION(インフィニティビジョン)」を採用しており、そこで繰り広げられる迫力満載のバトルは、通常時・AT中を問わず遊技を大いに盛り上げてくれるぞ。  AT突入までの流れはシンプルで、期待度の高いチャンスステージを経由するか、レア小役による直撃当選が主となる。また、レア小役成立時と規定ゲーム数消化時にステージ移行抽選を行うため、如何に上位ステージへ移行させるかがAT当選のキモとなりそうだ。なお、連続演出は発展した時点でステージチェンジ以上が濃厚となるので、たとえ演出に失敗したとしても、その後に移行するステージによってはチャンスが継続するということもありえるぞ。  チャンスステージは4種類で、「ドラグナーミッション」<「リールバトル」<「ドラグナーリペア」<「マスドライバー」の順で期待でき、いずれもAT当選期待度は通常ステージを遙かに凌ぐ。これらのステージには、通常時の「夕空ステージ」や「ギガノス基地潜入ステージ」から移行しやすいため、滞在中はチャンスステージ移行に期待だ。

2017年11月4日土曜日

ニューアイムジャグラーEX-KT クリスタル


EX→7→SP→APEXと継承してきた「アイム」の系譜に、『ニューアイムジャグラーEX-KT』が加わった。同機は『アイムジャグラーEX』のリニューアルバージョンで、筐体上部の3連LED点滅や、レバーON時のファンファーレなど、プレミアム演出が追加されており、新たなアイムを楽しめる作りになっている。注目の告知機能は、ボーナス成立の4分の3で後告知、4分の1で先告知という、王道の比率を継承。その一方、チェリーとボーナスの同時抽選は進化しており、枠内にBARがなくてもボーナスの可能性アリに。またスペシャルボーナス音として「軍艦マーチ」「運命」の他に、「ピアノ協奏曲第1番」と「ウィリアムテル序曲」が搭載されているぞ!

2017年10月21日土曜日

パチスロ ガールズ&パンツァー(ガルパン)


アニメ「ガールズ&パンツァー」とタイアップした本機は、1G純増2.5枚のATで出玉を増やすタイプ。 メインリールは筐体上部に設置し、全面液晶を見ながらプレイする目押し不要のゲーム性だ。 AT「戦車道」は規定ゲーム数&枚数が一切決まっていない完全バトルタイプATで、攻守を決めるレバーON時のガチ抽選で展開していく。 ATスタート時はまず対戦校と隊数が決定し、その組み合わせによって連チャン期待度が変化。 試合中は、ベルで攻撃、ブランクなら防戦となり、最終的に敵の隊長を撃破すれば連チャン発生だ。 作戦発動で展開を有利に進めることもあれば、革命を起こして一気に殲滅したりと、単なる攻防に留まらず様々な展開が期待できる。 試合勝利時は展開に応じてランク評価され、継続以外に次回継続確定や上乗せゾーンへの移行なども期待できる。 トータルすると1セットは平均30G、連チャン率は67~88%。 AT契機は、自力CZ、高確率ゾーン「あんこう祭り」、チャンス小役から直撃など。

2017年10月12日木曜日

タイヨーエレック パチスロ仮面ライダー


タイヨーエレックから登場した『パチスロ仮面ライダーUNLIMITED』は、純増約2.5枚のハイスペックAT「ライダーラッシュ」を搭載。特筆すべきはAT突入時の初期ゲーム数で、前兆ゾーンの「救出モード」を経由した場合は100ゲームを獲得、「変身モード」(10or20or30ゲーム)中に自力解除に成功した場合は30ゲームが保証された状態で上乗せゾーン「サイクロンクラッシュ」からATがスタート(合計平均約100ゲーム)と、どちらのルートを辿った場合にも初当たりの時点で大量の初期ゲーム数を手にすることができる。サイクロンクラッシュは変身モードの残りゲーム数+5ゲームの間継続するため、解除のタイミングが早いほど大量上乗せの期待度が高まっていく仕組みだ。上乗せゾーンは毎ゲームが上乗せのチャンス&ゲージMAXで「自力必殺フリーズ」による大量上乗せが期待できる「(真)ライダー無双」、ベルト絵柄揃いから発動しリール上にベルト絵柄が1つでも停止すれば継続となる0G連アクション「ダイナモアタック」、突入時点で30ゲーム+αの上乗せが約束された「アマゾーン」の4種が搭載されている。特にアマゾーンは業界初の「ケタ乗せ」を実現しており、リプレイ以外の小役が連続することで3桁ゲーム数上乗せのチャンスが近づくぞ。タイヨーエレック/2014年1月導入開始/設置期限2016年10月/5号機